+ 1 (707) 877-4321
+ 33 977-198-888
English
Français
Deutsch
Italiano
Español
Русский
中国
Português
日本

ポートフォリオ Rene Magritte (598: オイル, キャンバスに油絵, キャンバスに油彩, キャンバス年石油, グワッシュ水彩画, コラージュ, テンペラ, パネルに油絵, リソグラフィー)

Kazimir Malevich 誕生日今日! サイト全体の30%オフ 有効な今日:23/02/2017

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

 

  • Rene Magritte - ザー 息子 の 男
  • Rene Magritte - 時間くぎ付け
  • Rene Magritte - ザー 脅かさ 暗殺者
  • Rene Magritte - 魅惑的な
  • Rene Magritte - ザー 意味 の ナイト
  • Rene Magritte - 偽のミラー
  • Rene Magritte - 人間の条件
  • Rene Magritte - 個人の価値観
  • Rene Magritte - ザー コンパニオン の 恐怖
  • Rene Magritte - ザー 偽 ミラー
  • Rene Magritte - ザー 大きい 家族
  • Rene Magritte - 魔術師
  • Rene Magritte - 喜び
  • Rene Magritte - ブランクチェック
  • Rene Magritte - 光の帝国
  • Rene Magritte - 人間の条件
  • Rene Magritte - ピレネーの城
  • Rene Magritte - スペースの声
  • Rene Magritte - メモリ1
  • Rene Magritte - 宝物の島
  • Rene Magritte - どこのEuclideは歩きました
  • Rene Magritte - ザー 失われた ジョッキー
  • Rene Magritte - ザー 探している ガラス
  • Rene Magritte - ガラスのバスルーム
  • Rene Magritte - ザー 裏切り の イメージ ( これはです ではない a パイプ )
  • Rene Magritte - パーティ
  • Rene Magritte - ザー 息子 の ザー 男
  • Rene Magritte - イルtelescopio
  • Rene Magritte - プレジャー原理(エドワード・ジェームズの肖像)
  • Rene Magritte - `key` へ フィールズ
 
Rene Magritteからのすべての598アートワーク





>ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット (René François Ghislain Magritte, 1898年11月21日 -1967年8月15日) はベルギーのシュルレアリスムの画家。

マグリットは、20世紀美術のもっとも重要な運動の一つであるシュルレアリスムを代表する画家である。マグリットの作品においては事物の形象はきわめて明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で丁寧な仕上げがほどこされている。しかし、その画面に表現されているのは、空中に浮かぶ岩、鳥の形に切り抜かれた空、指の生えた靴といった不可思議なイメージであり、それらの絵に付けられた不可思議な題名ともども、絵の前に立つ者を戸惑わせ、考え込ませずにはいられない。

マグリットの絵画は、画家自身の言葉によれば、「目に見える思考」であり、世界が本来持っている神秘(不思議)を描かれたイメージとして提示したものである(デペイズマン)。この点は、夢や無意識の世界を描き出そうとした他のシュルレアリスムとは異なっている。

「言葉とイメージ」の問題を追求したマグリットの作品は、(ミシェル・フーコー)のような思想家にも発想源を与え、広告やグラフィックアートの分野にもその影響が見られるなど、20世紀の文化に与えた影響は大きい。日本においても1971年の回顧展をはじめとしていままで5回開催され、宇都宮美術館、横浜美術館、豊田市美術館などに作品が収蔵されている。

マグリットは1898年、ベルギー西部のレシーヌに生まれた。一家はマグリットの生まれた翌年にはジリという町に移り、1904年シャルルロワ近郊のシャトレに移る。マグリットは1913年の一時期シャルルロワに住んだこともあるが、1904年から1916年まで、少年時代の大部分をシャトレで過ごした。1912年に母が原因不明の入水自殺をとげるという事件があり、これは少年マグリットにとっては当然のことながら大きな衝撃を与えた。

1916年ブリュッセルの美術学校に入学。1910年代後半から1920年代前半はマグリットが画家として自分の様式を模索していた時期である。この時期にキュビスム、未来派、ダダ、デ・ステイルなどの運動を知り、また、ピエール・ブルジョワ(詩人)、E.L.T.メセンス(詩人、画家、音楽家)らの前衛的な芸術家と交際するようになった。マグリットは生活費を得るためにグラフィックデザインや広告ポスターなどの仕事をしつつ、抽象画や、キュビスムの影響を感じさせる作品を描いていた。1922年には幼なじみのジョルジェット・ベルジェと結婚。彼女は多くのマグリット作品に登場する女性像のモデルとなる。1923年(1925年とする説もある)ジョルジョ・デ・キリコの作品『愛の歌』の複製を見たマグリットは「涙を抑えることができない」ほどの感銘を受け、これがきっかけでシュルレアリスムの方向へ進む。

1926年の『迷える騎手』が最初のシュルレアリスム的作品とされている。1927年、ブリュッセルのル・サントール画廊で初個展を行う。以後3年間パリに滞在し、フランスのシュルレアリストたちと交流する。しかし、マグリットはシュルレアリスム運動の理論的指導者であったアンドレ・ブルトンとはうまが合わなかったらしく、1930年ブリュッセルへ戻り、以降ベルギーを離れることはほとんどなかった。

マグリットの生涯は、波乱や奇行とは無縁の平凡なものであった。ブリュッセルでは客間、寝室、食堂、台所からなる、日本式に言えば3LDKのつつましいアパートに暮らし、幼なじみの妻と生涯連れ添い、ポメラニアン犬を飼い、待ち合わせの時間には遅れずに現われ、夜10時には就寝するという、どこまでも典型的な小市民であった。残されているマグリットの写真は、常にスーツにネクタイ姿で、実際にこの服装で絵を描いていたといい、「平凡な小市民」を意識して演じていたふしもある。彼は専用のアトリエは持たず、台所の片隅にイーゼルを立てて制作していたが、制作は手際がよく、服を汚したり床に絵具をこぼしたりすることは決してなかったという。

[Biography - Rene Magritte - 3Ko]
René François Ghislain Magritte (21 November 1898 - 15 August 1967) was a Belgian surrealist artist. He became well known for a number of witty and thought-provoking images. His intended goal for his work was to challenge observers' preconditioned perceptions of reality and force viewers to become hypersensitive to their surroundings. Magritte was ...
[Biography - Rene Magritte - 7Ko]
René François Ghislain Magritte, né le 21 novembre 1898 à Lessines en Belgique, dans le Hainaut, et mort à Bruxelles le 15 août 1967, était un peintre surréaliste belge. Biographie Enfance René Magritte est le fils de Léopold Magritte, tailleur, et d'Adeline Bertinchamps, modiste. La famille s'installe en 1900 à Gilly, où naissent ses deux frères R...
[Biography - Rene Magritte - 1Ko]
René François Ghislain Magritte (* 21. November 1898 in Lessines in der wallonischen Provinz Hennegau, Belgien &dagger 15. August 1967 in Brüssel) war ein belgischer Maler des Surrealismus. René Magritte hatte zwei Brüder, Raymond, 1900 geboren, und Paul, 1902 geboren. 1910 zog die Familie Magrittes nach Châtelet, wo René Magritte im Alter von zw...
[Biography - Rene Magritte - 12Ko]
René François Ghislain Magritte (Lessines, 21 novembre 1898 - Bruxelles, 15 agosto 1967) è stato un pittore belga. Insieme a Paul Delvaux è considerato il maggiore esponente del Surrealismo in Belgio, e uno dei più originali esponenti europei dell'intero movimento. Dopo inizi vicini al Cubismo ed al Futurismo, il suo stile s'incentrò su una tecnica...
[Biography - Rene Magritte - 10Ko]
René François Ghislain Magritte (n. 21 de noviembre de 1898, en Lessines, Bélgica - 15 de agosto de 1967, en Bruselas, Bélgica) fue un pintor surrealista belga. Conocido por sus ingeniosas y provocativas imágenes, pretendía con su trabajo cambiar la percepción precondicionada de la realidad y forzar al observador a hacerse hipersensitivo a su entor...
[Biography - Rene Magritte - 6Ko]
Рене́ Франсуа́ Гисле́н Магри́тт (фр. René François Ghislain Magritte, 1898—1967) — бельгийский художник-сюрреалист. Известен как автор остроумных и вместе с тем поэтически загадочных картин. Магритт родился 21 ноября 1898 г. в маленьком городке Лессине, в Бельгии. Детство и юность провёл в небольшом промышленном городе Шарлеруа. Жизнь была тяжёлой....
[Biography - Rene Magritte - 6Ko]
勒內·弗朗索瓦·吉兰·馬格里特(René François Ghislain Magritte,1898年11月21日-1967年8月15日)是比利時的超現實主義畫家,畫風帶有明顯的符號語言,如《戴黑帽的男人》。他影響了今日許多插畫風格。 他出生於埃諾省萊西納,是裁縫父親利奥波德·馬格里特(Léopold Magritte)的長子,母親則做女帽的銷售。童年時常常搬家,10歲時就開始學畫,1912年母親投河(桑布爾河)自殺,原因不明。當其母親的屍體被撈上來時,他當時在場,母親浮屍時被衣飾覆蓋著臉部在他腦海中留下深刻印象,這令他在1927年至1928年所的畫的人物也是被衣布覆蓋著臉孔,包括《愛人》(Les Amants),但他本人並不喜歡這個解釋。他青年時在布魯塞爾的比利时皇家美术学院就學兩年,...
[Biography - Rene Magritte - 2Ko]
René François Ghislain Magritte (Lessines, 21 de Novembro de 1898 ― Bruxelas, 15 de Agosto de 1967) foi um dos principais artistas surrealistas belgas, ao lado de Paul Delvaux. Magritte nasceu em Lessines, Bélgica, no dia 21 de Novembro de 1898, filho caçula de Léopold Magritte. Em 1912 sua mãe, Régina, cometeu suicídio por afogamento no rio Sambre...
[Biography - Rene Magritte - 4Ko]
-- -- -- -- -- -