+ 1 (707) 877-4321
+ 33 977-198-888
English
Français
Deutsch
Italiano
Español
Русский
中国
Português
日本

ポートフォリオ Pierre-Auguste Renoir (1868: オイル, キャンバスに油絵, キャンバスに油彩, キャンバス年石油, グリザイユ, スケッチ, パネルに油絵, フレスコ画, リソグラフィー, 水彩画)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

 

  • Pierre-Auguste Renoir - でダンス ムーラン デ ラ ガレ​​ット
  • Pierre-Auguste Renoir - 素晴らしい 水着 ザー ニンフ
  • Pierre-Auguste Renoir - の後 入浴
  • Pierre-Auguste Renoir - ラGrenouillere
  • Pierre-Auguste Renoir - ピアノでの女の子
  • Pierre-Auguste Renoir - ボート党の昼食会
  • Pierre-Auguste Renoir - A 道路 インチ ルーヴシエンヌ
  • Pierre-Auguste Renoir - A ボックス 教会に 劇場 デ Varietes
  • Pierre-Auguste Renoir - サニーストリート
  • Pierre-Auguste Renoir - (また、テラスでとして知られている)は、2つの姉妹
  • Pierre-Auguste Renoir - フープを持つ少女
  • Pierre-Auguste Renoir - 子供 で 海 インチ ガーンジー島
  • Pierre-Auguste Renoir - 漁師
  • Pierre-Auguste Renoir - 女性と子供とのカーニュ風景
  • Pierre-Auguste Renoir - null 花束 of Roses
  • Pierre-Auguste Renoir - 傘
  • Pierre-Auguste Renoir - ブージヴァルでダンス
  • Pierre-Auguste Renoir - ラ·プロムナード
  • Pierre-Auguste Renoir - 母 と 子供
  • Pierre-Auguste Renoir - アニエールでのセーヌ川 ( また として知られている スキフ )
  • Pierre-Auguste Renoir - 女性 には 風景 1
  • Pierre-Auguste Renoir - 上の テラス ザー 芸術 機関
  • Pierre-Auguste Renoir - 鏡の前で花束
  • Pierre-Auguste Renoir - 大水浴 と一緒に 交差した 下肢
  • Pierre-Auguste Renoir - 水浴びをする人, 座っている 裸体
  • Pierre-Auguste Renoir - 昼食会 の ザー ボーティング パーティー
  • Pierre-Auguste Renoir - 静物 と一緒に バラ
  • Pierre-Auguste Renoir - 夏 風景 ( パラソルを持つ女性 には 庭 )
 
Pierre-Auguste Renoirからのすべての1868アートワーク







ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir発音例、1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家である。後期から作風に変化が現れ始めたので、まれにポスト印象派の画家とされることもある。

風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。初期にはアングル、ドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。

長男のピエールは俳優、次男のジャンは有名な映画監督である。

ルノワールは1841年2月25日、フランス中南部のリモージュにて生まれる。7人兄弟の6番目であったが、上の2人は早世し、他に兄2人、姉1人、弟1人がいた。父は仕立屋、母はお針子であった。3歳の時、一家でパリに移住し、ルーヴル美術館に近い都心に住む。

幼いころから画才を示していたが、美声でもあったルノワールは1850年頃に9歳前後で作曲家のシャルル・グノーが率いるサン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊に入り、グノーから声楽を学んだ。ルノワールの歌手としての才能を高く評価したグノーはルノワールの両親にルノワールをオペラ座の合唱団に入れることを提案したが、同時期に父親の知人からルノワールを磁器工場の徒弟として雇いたいという申し出が父親にあったことや、ルノワール自身が磁器工場での仕事を希望したため、両親及びルノワール自身がグノーの提案を断り、聖歌隊も辞めた。

1854年、13歳で磁器工場に入り、磁器の絵付職人の見習いとなるが、産業革命や機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、1858年に職人としての仕事を失うこととなったルノワールは画家を目指した。1862年にはエコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。並行して1861年からはシャルル・グレールのアトリエ(画塾)に入り、ここでモネ、シスレー、バジール(フランス語版)ら、後の印象派の画家たちと知り合っている。画塾で制作中のルノワールに師のグレールが「君は自分の楽しみのために絵を描いているようだね」と言ったところ、ルノワールが「楽しくなかったら絵なんか描きませんよ」と答えたというエピソードは著名である。

1864年には『踊るエスメラルダ』をサロンに出品し、初入選している。この作品はヴィクトール・ユーゴーの『ノートルダム・ド・パリ』に取材したものだが、後に作者自身によって破棄されたとされ、現存しない。 サロンには1865年にも2点が入選するが、1866・1867の両年は落選するなど、入選と落選を繰り返していた。初期のルノワール作品にはルーベンス、アングル、ドラクロワ、クールベなど、さまざまな画家の影響が指摘されている。この頃の作品としては『ロメーヌ・ラコー嬢の肖像』(1864年)などが現存する。ルノワールの友人であったバジール(フランス語版)は、当時、生活に困窮していたルノワールを、ヴィスコンティ通りにある自分のアトリエに同居させていた。ルノワールはモネとも親しく、1869年にはパリ郊外のラ・グルヌイエールの水浴場でモネとともにイーゼルを並べて制作した。この時彼ら2人が制作した、ほとんど同構図の作品が残っている 。

1868年のサロンには、その前年に制作した『日傘のリーズ』を出品し、入選している。この作品のモデルは当時ルノワールが交際していたリーズ・トレオという女性で、彼女は他にも『夏、習作』(1869年のサロンに出品)、『アルジェの女』(1870年のサロンに出品)などの作品でモデルを務めている。

1870年、普仏戦争が勃発するとルノワールも召集され、ボルドーの第10騎兵隊に配属されるが、赤痢にかかり、翌年3月に除隊している。なお、ルノワールの友人で援助者でもあったバジール(フランス語版)は、普仏戦争に自ら志願し、29歳の若さで戦死した。

除隊後のルノワールは、パリ郊外・アルジャントゥイユのモネ宅をしばしば訪問し、ともに制作した。この頃に、画家で印象派絵画のコレクターでもあるギュスターヴ・カイユボット、画商のデュラン=リュエルなどと知り合っている。1873年12月、モネ、ピサロ、シスレーら、後に「印象派」と呼ばれるグループの画家たちは「芸術家、画家、彫刻家、版画家その他による匿名協会」を結成。ルノワールもそこに名を連ねていた。1874年4月 - 5月にはパリ、キャピュシーヌ大通りの写真家ナダールのアトリエでこのグループの第1回展を開催。これが後に「第1回印象派展」と呼ばれるもので、ルノワールは『桟敷』など7点を出品した。

1876年の第2回印象派展には『ぶらんこ』、『陽光を浴びる裸婦』など15点を出品した。後者は今日ではルノワールの代表作として知られるものだが、裸婦の身体に当たる木漏れ日や影を青や紫の色点で表現した技法が当時の人々には理解されず、「腐った肉のようだ」と酷評された。1877年の第3回印象派展には、前年に完成した大作『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を含む22点を出品した。印象派展は1886年までに全部で8回開催されたが、ルノワールは1882年の第7回展に25点を出品したものの、第4、5、6、8回展には参加していない。

1878年にはサロンに出品を再開。翌1879年のサロンに出した『シャルパンティエ夫人と子どもたち』は絶賛を浴びた。モデルのシャルパンティエ夫人は出版業者ジョルジュ・シャルパンティエの妻で、同夫人が自邸で催すサロンは評判が高く、ルノワールもこのサロンに出入りして、当時の文化人や芸能人の知己を得た。

1881年には大作『舟遊びの人々の昼食』を完成。この作品の左端に描かれる、帽子をかぶり犬を抱く女性は後にルノワール夫人となるアリーヌ・シャリゴである。アリーヌは『田舎のダンス』(1882 - 1883年)などの作品のモデルとなり、1881年のイタリア旅行にも同行し、1885年には息子ピエールをもうけているが、ルノワールと正式に結婚するのは1890年のことである。

しかし、ルノワールは、1880年代前半頃から、光の効果におぼれ形態を見失った印象派の技法に疑問を持ち始める。1881年のイタリア旅行でラファエッロらの古典に触れてからはこの懐疑はさらに深まった。この時期、特に1883年頃からの作品には新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つ。

1890年代に入ると、ルノワール本来の暖かい色調が戻り、豊満なヌードを数多く描いた。 1898年頃からリューマチ性疾患に悩まされ、晩年は車椅子で制作を続けた。ただし、「指に筆をくくりつけて描いた」というのは伝説の域を出ないようである。1903年からは南仏のカーニュに移り住み、1907年レ・コレットと呼ばれる広大な地所を購入し、この地で死を迎えた。ルノワールの作品総目録(カタログ・レゾネ)は現在編集中だが、4000点は下らないだろうと言われている。

ルノワールは日本にも早くから紹介され、その親しみやすい画風のためか愛好者も多い。また、梅原龍三郎をはじめ多くの画家に直接・間接に影響を与えている。

 

[Biography - Pierre-Auguste Renoir - 4Ko]
ピエール=オーギュスト·ルノワール(1841年2月25日 - 1919年12月3日)は印象派スタイルの開発で主導的な画家であったフランス人アーティストであった。美しさ、特に女性の官能の祝賀会の参加者として、それは "ルノワールはルーベンスからヴァトーに直接実行される伝統の最後の代表である"と言われています。

ピエール=オーギュスト·ルノワールは、リモージュ、オート=ヴィエンヌ県、フランス、労働者階級の家族の子に生まれました。男の子として、彼は描画の才能は素晴らしい中国にデザインをペイントするために選択されている彼に導いた磁器工場で働いていた。彼は美術学校に入学する前に、彼はまた、ファンに海外の宣教師や装飾用の壁掛けを描いた。これらの初期の数年間、彼はしばしばフランス語のマスターペインターを勉強するルーヴル美術館を訪れました。

1862年に彼はパリでシャルル·グレールの下で美術を勉強し始めました。彼はアルフレッド·シスレー、フレデリック·バジール、とクロード·モネが出会った。 1860年代に何回で、彼はペンキを買うために十分なお金を持っていませんでした。ルノワール最初に1864年のパリ·サロンで絵画を展示し始めたが、認識は普仏戦争の混乱に、部分的に起因する、別の10年間来なかった。

1871年のパリ·コミューンの間に、彼はセーヌ川のほとりに描かれている間、コミューングループの一部のメンバーは、彼がスパイであると考えて、コミューンのリーダー、ラウルRigaultは、とルノワールを認識したときに川に彼をスローしようとしていた以前の機会に彼を守ってきた男。

1874年、ジュール·ル·クールと彼の家族と10年間の友情は終わり、ルノワールは、アソシエーションによって得られた貴重な支援だけでなく、失われたが、フォンテーヌブローとその風光明媚な森の近くに自分の財産にとどまるために寛大な歓迎。お気に入りの絵の場所のこの損失は、被験​​者の著しい変化をもたらした。

彼の絵画のうち六人が1874年に第1回印象派展にハングアップしたときにルノワールは、彼の初期の称賛を経験しました。同じ年に彼の作品の二つはロンドンのデュラン·リュエルで示された。

1881年に、彼がディエゴ·ベラスケスの作品を見て、その後マドリードへ、アルジェリア、彼はウジェーヌ·ドラクロワに関連付けられている国へ旅行しました。彼はフィレンツェとローマのラファエロの絵画にティツィアーノの傑作を見るためにイタリアに旅していることを次に示します。 1月15日、1882年ルノワールはパレルモ、シチリア島にある自宅で作曲家リヒャルト·ワーグナーに会った。ルノワールはちょうど三〇から五分後にワーグナーの肖像画を描いた。同じ年に、ルノワールは、彼の呼吸器系への永久的な損傷を引き起こす肺炎を、契約した後にアルジェリアで6週間convalesced。

1883年に、彼は1カ月強で15の絵を作成し、ガーンジー島で夏を過ごした。これらの機能ムーランユエ、セント·マーチンの中の湾、ガーンジー島のほとんど。ガーンジー島はイギリス海峡のチャネル諸島の一つであり、それは、ビーチ、崖、湾、森林、山々を含む様々な風景を持っています。これらの絵は1983年にガーンジー管区によって発行された記念切手のセットの対象となった。

彼らのテクニックを勉強しながら、彼の仲間の画家の多くは、モンマルトル、彼(ブージヴァル、1883年にダンス海水浴、1885年から1887年)のためにポーズモデルスザンヌヴァラドンパリ、として採用ルノワールに住んでいて、作業中に最終的に彼女は、次のいずれかになりました一日の主要な画家。

1887年、ビクトリア女王が彼女のゴールデンジュビリーを迎え、女王の助教授、フィリップRichbourgの要求に応じて、彼は忠誠の印として "フランス印象派の絵画"カタログにいくつかの絵画を寄贈しました。年に

1890年に彼はすでにレ·昼食·デ·canotiers(ボート党の昼食会、1881)のモデルを務めていたアーティストの友人の数と共に、アリーンVictorine Charigotと結婚し、誰と、彼はすでに子供を持っていた、ピエール、1885インチ結婚後、ルノワールは彼らの子どもたちとその看護師、アリーンのいとこガブリエル·ルナールを含む彼の妻と毎日の家庭生活の多くのシーンを描いた。 Renoirsは、3人の息子、ジャンの一つを持っていたノートの映画制作者と別の、ピエールとなり、舞台と映画俳優になりました。

1892年頃、ルノワールは、関節リウマチを開発しました。 1907年に、彼は近い地中海沿岸に、 "レCollettes、" Cagnes-sur-Merのでファームの温暖な気候に移動しました。ルノワールは関節炎がひどく彼の動きを制限している場合でも、彼の人生の最後の20年の間に描かれ、彼は車椅子にバインドされていた。彼は彼の絵画技法を適応する必要が、彼の右の肩の手と強直で進歩的な奇形を開発しました。彼が彼の手にそれを置くために助手を必要としていますが、ルノワールは、ブラシを把握することができるように残っていました。それは頻繁に彼の関節炎の進行した段階で、彼は麻痺し、指に縛り付けブラシを持つことで描いたが、これは誤りであることが報告されている。アーティストの後期の写真で明らかに包帯を持つ彼の手の折り返しは、皮膚のかぶれを防ぐために役立った。

この期間に彼は粘土を働いた若手アーティスト、リチャード·Guino、と連携して彫刻を作成しました。ルノワールはまた彼の限られた関節の可動性を持つ大規模な作品を描く容易にするために、移動キャンバス、または画像のロールを使用していました。

1919年、ルノワールは、巨匠とぶら下がって彼の絵を見にルーヴルを訪れました。彼は12月3日、プロヴァンス=アルプ=コート·ダジュール地域圏、Cagnes-sur-Merの村で死亡した。
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 4Ko]
Pierre-Auguste Renoir (US /rɛnˈwɑr/ or UK /ˈrɛnwɑr/ French: [pjɛʁ oɡyst ʁənwaʁ] 1841-1919) was a French artist who was a leading painter in the development of the Impressionist style. As a celebrator of beauty, and especially feminine sensuality, it has been said that "Renoir is the final representative of a tradition which runs directly from Rub...
[Biography - Pierre-Auguste Renoir - 11Ko]
Pierre-Auguste Renoir (February 25, 1841-December 3, 1919) was a French artist who was a leading painter in the development of the Impressionist style. As a celebrator of beauty, and especially feminine sensuality, it has been said that "Renoir is the final representative of a tradition which runs directly from Rubens to Watteau". Pierre-Auguste Re...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 6Ko]
Pierre Auguste Renoir is not only one of the founders of Impressionism, but also one of the most remembered. It was while he was attending the studio of Charles Gleyre that Renoir decided to make this break from conventional painting. Then modern painting portrayed the world in an idealized light, something that Renoir didn’t agree with. From this ...
[Page - Pierre-Auguste Renoir - 4Ko]
L'histoire de Renoir – né à Limoges, pays des maçons, des potiers et des émailleurs – a moins d'importance encore que celle de Cézanne, car il ne semble pas avoir lutté pour découvrir son innocence. Il n'a peut-être rien eu, ou presque rien, à éliminer de factice. Il n'a pas retranché sans cesse, comme Cézanne, mais plutôt constamment ajouté. L'heu...
[Page - Pierre-Auguste Renoir - 18Ko]
Pierre-Auguste Renoir (Février 25, 1841-Décembre 3, 1919) était un artiste français qui était un peintre de premier plan dans le développement du style impressionniste. En tant que celebrator de la beauté et la sensualité féminine en particulier, il a été dit que «Renoir est le dernier représentant d'une tradition qui va directement de Rubens à Wat...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 8Ko]
Pierre-Auguste Renoir dit Auguste Renoir, né à Limoges le 25 février 1841 et mort au domaine des Collettes à Cagnes-sur-Mer le 3 décembre 1919, est l'un des plus célèbres peintres français. Membre à part entière du groupe impressionniste, il évolue dans les années 1880 vers un style plus réaliste sous l'influence de Raphaël. Il fut peintre de nus, ...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 15Ko]
Pierre-Auguste Renoir (25. Februar 1841-3 Dezember 1919) war ein Künstler, der Französisch ein führender Maler in der Entwicklung der impressionistischen Stil war. Als Feier der Schönheit, und vor allem weiblicher Sinnlichkeit, hat man gesagt, dass "Renoir der letzte Vertreter einer Tradition, die läuft direkt von Rubens bis Watteau ist". Pierre-Au...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 7Ko]
Pierre-Auguste Renoir [pjɛːʁ oˈgyst ʁəˈnwaːʁ] (* 25. Februar 1841 in Limoges, Limousin † 3. Dezember 1919 in Cagnes-sur-Mer, Côte d'Azur, oft nur Auguste Renoir genannt) war ein französischer Maler des Impressionismus. Renoir wurde als Kind einer Familie der Arbeiterklasse geboren. Sein Vater war Schneider und seine Mutter Zuschneiderin. Als Pierr...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 8Ko]
Pierre-Auguste Renoir (25 febbraio 1841-3 DICEMBRE 1919) è stato un artista francese che era un pittore di primo piano nello sviluppo dello stile impressionista. Come Celebrator di bellezza, sensualità e soprattutto femminile, è stato detto che "Renoir è il rappresentante finale di una tradizione che viene eseguito direttamente da Rubens a Watteau"...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 7Ko]
Pierre-Auguste Renoir (Limoges, 25 febbraio 1841 – Cagnes-sur-Mer, 3 dicembre 1919) è stato un pittore francese, tra i massimi esponenti dell'Impressionismo. Nato a Limoges (Alta Vienne), sesto dei sette figli di Léonard e Marguerite Merlet, un sarto e un'operaia tessile, visse dall'età di tre anni a Parigi: nonostante l'interesse per la musica, il...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 9Ko]
Pierre-Auguste Renoir (25 febrero 1841 a 3 diciembre 1919) fue un artista francés que fue un pintor destacado en el desarrollo del estilo impresionista. Como celebrante de la belleza y la sensualidad femenina en particular, se ha dicho que "Renoir es el representante final de una tradición que se ejecuta directamente desde Rubens a Watteau". Pierre...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 8Ko]
Pierre Auguste Renoir (25 de febrero de 1841 - 3 de diciembre de 1919), es uno de los más célebres pintores franceses. No es fácil clasificarlo: perteneció a la escuela impresionista, pero se separó de ella rápidamente por su interés por la pintura de cuerpos femeninos sobre los paisajes. El pintor Rafael tuvo una gran influencia en él. [cita reque...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 8Ko]
Пьер Огю́ст Ренуа́р (фр. Pierre-Auguste Renoir 25 февраля 1841, Лимож - 2 декабря 1919, Кань-сюр-Мер) - французский живописец, график и скульптор, один из основных представителей импрессионизма. Ренуар известен в первую очередь как мастер светского портрета, не лишённого сентиментальности он первым из импрессионистов снискал успех у состоятельных...
[Biography - Pierre-Auguste Renoir - 9Ko]
Пьер-Огюст Ренуар (25 февраля 1841 по 3 декабря, 1919), французский художник, который был ведущим художником в развитии импрессионистов стиля. В Селебратор красоты, и особенно женской чувственности, было сказано, что "Ренуар является окончательным представителем традиции, которая работает непосредственно с Рубенсом для Ватто". Пьер-Огюст Ренуар род...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 1Ko]
皮埃尔-奥古斯特· 雷诺阿(Pierre-Auguste Renoir,1841年2月25日-1919年12月3日)是一位著名的法國畫家,也是印象派發展史上的領導人物之一。他的畫風承襲彼得· 保羅· 魯本斯與讓-安東尼· 華托的傳統,對於女性形體的描繪特別著名。 皮埃尔-奥古斯特· 雷诺阿出生於法國上維埃納省利摩日的一個工人階級的家庭之中。童年時期的雷诺阿,曾在一家瓷器工廠工作,而雷诺阿的繪畫才能使他得到了繪製瓷器的差事。而在他進入美術學校之前,還有受外國傳教士的委託,繪畫室內的裝飾物和裝飾扇子的經歷。在這個時期,他還去參觀羅浮宮學習法國有名畫家的各種技法。 1862年,雷诺阿前往巴黎,在查爾斯· 格萊爾門下開始學習美術...
[Biography - Pierre-Auguste Renoir - 4Ko]
皮埃尔· 奥古斯特· 雷诺阿(2月25日,1841年,1919年12月3日)是法国艺术家,谁是领先的画家,印象派风格的发展。由于美,尤其是女性的淫荡celebrator,它已经表示,“雷诺阿是一个传统的运行直接从鲁本斯华托的最后代表”。 皮埃尔· 奥古斯特· 雷诺阿出生在利摩日,上维埃纳省,法国,一个工人阶级家庭的孩子。作为一个男孩,他在他的绘画才能使他被选为画上精美的瓷器设计的瓷器厂工作。他还画上球迷的外国传教士和装饰帷之前,他在艺术学校就读。在早年,他经常参观卢浮宫研究的法国绘画大师。 在1862年,他开始在巴黎下查尔斯Gleyre学习艺术。在那里,他会见,弗雷德里克Bazille阿尔弗雷德· 西斯莱,莫奈。在19世纪60年代的...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 3Ko]
Pierre-Auguste Renoir (25 de fevereiro de 1841, 03 dezembro de 1919) foi um artista francês que era um pintor de vanguarda no desenvolvimento do estilo impressionista. Como celebrante da beleza e sensualidade feminina, especialmente, foi dito que "Renoir é o representante final de uma tradição que roda diretamente do Rubens de Watteau". Pierre-Augu...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 7Ko]
Pierre-Auguste Renoir (Limoges, 25 de fevereiro de 1841 — Cagnes-sur-Mer, 3 de dezembro de 1919) foi um dos mais célebres pintores franceses e um dos mais importantes nomes do movimento impressionista. Desde o princípio sua obra foi influenciada pelo sensualismo e pela elegância do rococó, embora não faltasse um pouco da delicadeza de seu ofício an...
[Biography - Pierre-auguste Renoir - 9Ko]
-- -- -- -- -- -