+ 1 (707) 877-4321
+ 33 977-198-888
English
Français
Deutsch
Italiano
Español
Русский
中国
Português
日本

ポートフォリオ Michelangelo Buonarroti (824: インク, オイル, キャンバスに油彩, チョーク, テンペラ, パネルに油絵, フレスコ画, ペンシル, マーブル)

送料無料となります。返品無料 すべての時間。詳細を参照してください。

 

  • Michelangelo Buonarroti - の作成 アダム
  • Michelangelo Buonarroti - 最後の審判
  • Michelangelo Buonarroti - リビアシビル
  • Michelangelo Buonarroti - 聖なる 家族 の 幼児 セント . ジョン ザー バプティスト ( ザー ドニトンド )
  • Michelangelo Buonarroti - ドニトンド(枠)
  • Michelangelo Buonarroti - ザー 手 の 神様 と アダム
  • Michelangelo Buonarroti - デルファイのシビル
  • Michelangelo Buonarroti - 十字架
  • Michelangelo Buonarroti - イザヤ(詳細)
  • Michelangelo Buonarroti - ピエタ 詳細 1
  • Michelangelo Buonarroti - エゼキエル(詳細)
  • Michelangelo Buonarroti - 後方から見男性ヌード、(直腸)
  • Michelangelo Buonarroti - ピエタ
  • Michelangelo Buonarroti - ピエタ(詳細
  • Michelangelo Buonarroti - Cumaeanシビル
  • Michelangelo Buonarroti - 理想的 フェイス
  • Michelangelo Buonarroti - ドニtond
  • Michelangelo Buonarroti - 戦い の ケンタウロス
  • Michelangelo Buonarroti - ハマンの処罰
  • Michelangelo Buonarroti - ピエタRondanin
  • Michelangelo Buonarroti - 最後の 判断 (詳細
  • Michelangelo Buonarroti - 最後の 判断
  • Michelangelo Buonarroti - メダリオン(14)
  • Michelangelo Buonarroti - 預言者 エレミア
  • Michelangelo Buonarroti - の作成 ザー 太陽 ムーン そして 植物 詳細
  • Michelangelo Buonarroti - 祖先 の キリスト フィギュア 17
  • Michelangelo Buonarroti - 創造 の アダム
  • Michelangelo Buonarroti - エレミア
 
Michelangelo Buonarrotiからのすべての824アートワーク






>ミケランジェロ・ブオナローティ、(伊: Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni、1475年3月6日 - 1564年2月18日)は、イタリア盛期ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人。西洋美術史上のあらゆる分野に、大きな影響を与えた芸術家である。ミケランジェロ自身が本業と考えていた彫刻分野以外の作品は決して多くはないにもかかわらず、様々な分野で優れた芸術作品を残したその多才さから、レオナルド・ダ・ヴィンチと同じく、ルネサンス期の典型的な「万能人」と呼ばれることもある。

ミケランジェロは存命中から非常に優れた芸術家として高い評価を得ており、現在でも西洋美術史上における最高の芸術家の一人と見なされている。ミケランジェロが制作した絵画、彫刻、建築のいずれをとっても、現存するあらゆる芸術家の作品のなかで、もっとも有名なものの一つとなっている。長寿を保ったミケランジェロの創作活動は前述以外の芸術分野にも及ぶ膨大なもので、書簡、スケッチ、回想録なども多く現存している。また、ミケランジェロは16世紀の芸術家のなかで、もっともその記録が詳細に残っている人物でもある。

ミケランジェロの彫刻でもっとも有名と思われる『ピエタ』(1498年 - 1499年、サン・ピエトロ大聖堂)と『ダヴィデ像』(1504年、アカデミア美術館)は、どちらもミケランジェロが20歳代のときの作品である。また、ミケランジェロ自身は絵画作品を軽視していたが、西洋美術界に非常に大きな影響を与えた2点のフレスコ画、システィーナ礼拝堂の『システィーナ礼拝堂天井画』と祭壇壁画『最後の審判』を描いている。さらに建築家としてもフィレンツェのラウレンツィアーナ図書館(en:Laurentian Library) で、マニエリスム建築の先駆けといえる様式で設計を行っている。また、74歳のときにアントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョヴァネの死去をうけて、当時改築中だったサン・ピエトロ大聖堂の主任建築家に任命された。このときミケランジェロは従前の設計を変更し、建物西側(奥)はミケランジェロの設計どおりに建てられた。ただし、主ドーム部分はミケランジェロの死後になって、別の設計に変更されて完成している。

ミケランジェロは、存命中にその伝記が出版された初めての西洋美術家であるという点でも、際立った存在といえる。伝記のうちの一つがジョルジョ・ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』で、ヴァザーリはミケランジェロをルネサンス期の芸術における頂点として絶賛し、その作品は何世紀にもわたって西洋美術界で通用するだろうとしている。ミケランジェロは存命中から「神から愛された男 (Il Divino )」と呼ばれることすらあり、当時の人々からは偉人として畏敬の念を持って見られていた。ミケランジェロの作品に見られる情熱的で独特の作風は後続の芸術家たちの模範となり、盛期ルネサンスの次の西洋芸術運動であるマニエリスムとなって結実していった。

ミケランジェロは1475年3月6日[注釈 1]に、現在のトスカーナ州アレッツォ近郊にあたるフィレンツェ共和国のカプレーゼに生まれた。ミケランジェロの一族は数世代にわたってフィレンツェで小さな銀行業を営んでいたが、ミケランジェロの父ルドヴィコ・ディ・レオナルド・ディ・ブオナローティ・シモーニは銀行経営に失敗し、共和国政府の臨時職員として生計を立てていた。ミケランジェロ誕生当時のルドヴィコはカプレーゼの小さな町の判事職と、キウージの主席行政官を務めていた。母親の名前はフランチェスカ・ディ・ネリ・デル・ミニアート・シエーナである。ルドヴィコは、自身がトスカーナ女伯マティルデ・ディ・カノッサの末裔だと称しており、ミケランジェロもこれを信じていたが、事実かどうかは今も立証されてはいない。ミケランジェロの誕生後数ヶ月で一家はフィレンツェへと戻り、ミケランジェロは幼少期をフィレンツェで送った。ミケランジェロが6歳の1481年に長い闘病生活の後に母フランチェスカが死去している。当時のミケランジェロの一家は石工の一家と共にセッティニャーノに住んでおり、父ルドヴィコはこの地で大理石採石場と小さな農園を経営していた。ジョルジョ・ヴァザーリは著書でミケランジェロの言葉として「私が幸運だったのは、アレッツォの繊細な環境に生まれたことだ。乳母の乳を飲みながら鑿と金槌の使い方と人物彫刻のコツをつかむことができた」と記載している。

父ルドヴィコは、若年のミケランジェロを人文主義者フランチェスコ・ダ・ウルビーノのもとへ送り、学問を学ばせようとした[注釈 2]。しかしながらミケランジェロは学問には興味を示さず、教会の装飾絵画の模写や画家たちと交際することを好む少年だった。ミケランジェロが13歳のときに画家ドメニコ・ギルランダイオに弟子入りし、わずか14歳でギルランダイオに一人前の画家と認められたが、これは当時としては極めて異例のことだった。1489年にメディチ家当主でフィレンツェの最大権力者ロレンツォ・デ・メディチがギルランダイオに、もっとも優れた弟子を二人自分のところへ寄こすように求め、このときにミケランジェロとフランチェスコ・グラナッチ (en:Francesco Granacci) がロレンツォの元へと派遣されている。1490年から1492年にかけてミケランジェロはメディチ家が創設した人文主義のプラトン・アカデミーへと参加している。当時のミケランジェロはベルトルド・ディ・ジョヴァンニ (en:Bertoldo di Giovanni)のもとで彫刻を学んでおり、さらに16歳頃のミケランジェロは、私的なサークルであるプラトン・アカデミーに集うマルシリオ・フィチーノ、ピコ・デラ・ミランドラ、アンジェロ・ポリツィアーノなど当代一流の人文主義者や詩人たちと交流していた。この時期にミケランジェロが制作したレリーフとして『階段の聖母』(en:Madonna of the Steps)(1490年 - 1492年、)、『ケンタウロスの戦い』(1491年 - 1492年、(en:Battle of the Centaurs (Michelangelo)))があげられる。『ケンタウロスの戦い』はポリツィアーノがミケランジェロに語ったギリシア神話のエピソードをもとに制作されたもので、ロレンツォ・デ・メディチがミケランジェロに依頼した作品だった。ベルトルド・ディ・ジョヴァンニのもとで修行していた17歳のミケランジェロは、ロレンツォ・デ・メディチの後援で彫刻を勉強していた3歳年長のピエトロ・トッリジャーノ (en:Pietro Torrigiano) に顔を殴られて鼻骨が曲がってしまっており、現存するミケランジェロの肖像画の多くでこの特徴がはっきりととらえられている。

1492年4月8日に後援者のロレンツォ・デ・メディチが死去したことにより、ミケランジェロを取り巻く環境は激変し、ミケランジェロはメディチ家の庇護から離れて父親の元へと戻った。その後数ヶ月をかけて、フィレンツェのサント・スピリト修道院長への奉献用に、木彫の『キリスト磔刑像』(en:Crucifix (Michelangelo))(1492年、サント・スピリト教会(フィレンツェ))を制作している。この修道院長は修道院付属病院で死去した人の身体を解剖学の勉強のためにミケランジェロに提供した人物だった。ミケランジェロは1493年から1494年にかけて、ギリシア神話の英雄ヘラクレスの大きな立像制作のために大理石の塊を購入している。このヘラクレス像はフィレンツェに送られたという記録が残っているが、18世紀に行方不明になっている[注釈 3]。大雪が降り積もった1494年1月20日に、ロレンツォ・デ・メディチの後継者ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチからミケランジェロに雪像制作の依頼が舞い込み、再びミケランジェロはメディチ家宮廷に迎えられることとなった。

しかし同年、フィレンツェの支配者メディチ家は、フランス軍のイタリア侵攻と修道士ジロラモ・サヴォナローラの扇動による排斥運動でフィレンツェから追放されてしまう。ミケランジェロもこの政変の直前にフィレンツェを去っており、ヴェネツィア、ついでボローニャへと居を移した。移住先のボローニャでミケランジェロは、サン・ドメニコ聖堂の聖遺物櫃の小さな人物像彫刻を完成させる仕事を引き受けている。その後、1494年の終わりごろにはフィレンツェの政争は落ち着きつつあり、それまでフランス王シャルル8世率いるフランス軍の軍事的脅威にさらされていたフィレンツェは、フランス軍がローマ教皇、神聖ローマ皇帝らが結んだ軍事同盟の前にフランス軍が撤退したため、当面の危機は回避した状態だった。ミケランジェロはこのような情勢下のフィレンツェへと戻ったが、メディチ家不在のフィレンツェ政府からは作品制作の注文を受けることはなく、フィレンツェ外のメディチ家からの庇護に頼らざるを得なかった。ミケランジェロがフィレンツェで制作した彫刻に、『幼児洗礼者ヨハネ』と『キューピッド』の二つの小作品があるが、どちらも現存していない。アスカニオ・コンディヴィ (en:Ascanio Condivi) が著した16世紀のミケランジェロの伝記によれば、これらの作品をミケランジェロに作らせたのはメディチ家傍流のロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・デ・メディチである。ロレンツォはミケランジェロに「これ(『キューピッド』をさす)をどこかからの発掘品のように加工しろ」と命じ「古代ローマの古美術品としてローマに送れば……高値で売ることができる」と考えたとしている。『幼児洗礼者ヨハネ』をロレンツォから購入した枢機卿ラファエーレ・リアーリオ (en:Raffaele Riario) はこの作品が偽物であることに気付いたが、彫刻自体の出来栄えに感銘を受けてミケランジェロをローマへと招いた[注釈 4]。自身の彫刻作品がローマで認められたことと、当時のフィレンツェの保守的な情勢とが、ミケランジェロに枢機卿からの招待に応じることを決意させた。

ミケランジェロがローマに到着したのは1496年6月25日で、ミケランジェロが21歳のときだった。同年7月4日に、ミケランジェロをローマに招いた枢機卿ラファエーレ・リアーリオからの依頼を受け、ローマ神話のワインの神をモチーフとした『バッカス像』 (en:Bacchus (Michelangelo))) の制作を開始した。しかしながらこの作品はリアーリオから受け取りを拒否されてしまい、後に銀行家ヤコポ・ガッリのコレクションとしてその庭に飾られている[注釈 5]。

1497年11月にミケランジェロは教皇庁のフランス大使から、代表作の一つである『ピエタ』の制作を打診され、翌年8月に正式な契約を交わした。完成した『ピエタ』は当時「人間の潜在能力の発露であり、彫刻作品の限界を超えた」と評価され、ヴァザーリは「間違いなく奇跡といえる彫刻で、単なる大理石の塊から切り出されたとは到底思えない、あたかも実物を目の前にしているかのような完璧な作品」だとしている。

ローマでのミケランジェロはロレート聖母教会 (en:Santa Maria di Loreto, Rome) の近くに住んでいた。ミケランジェロが住んでいた建物は1874年に取り壊され、新たな所有者によって残されていた遺構も1930年に破壊された。その後復元されたミケランジェロの住居が、ローマ西部のジャニコロの丘で公開されている。また、バチカン美術館が所蔵する有名な古代彫刻『ラオコーン像』は、この時代のミケランジェロの作品であると主張する者も一部存在する。

また、現在ロンドンのナショナル・ギャラリーが所蔵する、以前はミケランジェロの作品かどうかに異論が多かった『マンチェスターの聖母』(en:Manchester Madonna) も、この時期にミケランジェロがローマで描いた作品だと考えられている。

詳細は「ダビデ像 (ミケランジェロ)」を参照

詳細は「システィーナ礼拝堂天井画」を参照

2007年12月7日にヴァチカンの古文書保管所で、ミケランジェロがその没年の1564年に赤いチョークで描いたサン・ピエトロ大聖堂のデザインスケッチが発見された。ミケランジェロは自身でスケッチを破棄していたため、現存するサン・ピエトロ大聖堂のデザインスケッチは極めて稀少なものである。このスケッチには、半球の屋根(クーポラ)を支える放射状の柱の構成計画が描かれていた。

[Biography - Michelangelo Buonarroti - 6Ko]
Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni (6 March 1475 - 18 February 1564), commonly known as Michelangelo, was an Italian Renaissance painter, sculptor, architect, poet, and engineer. Despite making few forays beyond the arts, his versatility in the disciplines he took up was of such a high order that he is often considered a contender for the t...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 11Ko]
Michelangelo was born as Michelangelo Buonarroti, though he is more commonly known only by his first name. The only other artist that comes close to the fame and stature as Michelangelo is his contemporary Leonardo Da Vinci. Both contend for the right to be the ultimate Renaissance artists, if not the top artist in history. Michelangelo was apprent...
Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni dit Michel-Ange (né le 6 mars 1475 au château de Caprese à Caprese, au nord d'Arezzo en Toscane - 18 février 1564 à Rome) est un peintre, un sculpteur, un poète et un architecte italien de la Renaissance. Ses sculptures les plus connues sont le David (1504) qui a longtemps orné la façade du Palazzo Vecchio...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 10Ko]
Michelangelo Buonarroti [mikeˈlanʤelo bwɔnarˈrɔːti], oft nur Michelangelo (vollständiger Name Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni * 6. März 1475 in Caprese, Toskana † 18. Februar 1564 in Rom), war ein italienischer Maler, Bildhauer, Architekt und Dichter. Er gilt als einer der bedeutendsten Repräsentanten sowohl der Kunst der italienischen...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 15Ko]
Michelangelo Buonarroti (Caprese Michelangelo, 6 marzo 1475 – Roma, 18 febbraio 1564) è stato uno scultore, pittore, architetto e poeta italiano. Protagonista del Rinascimento italiano, fu riconosciuto già al suo tempo come uno dei più grandi artisti di sempre. Intese fare della sua attività un'incessante ricerca dell'ideale di bellezza. Fu nell'in...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 15Ko]
Микела́нджело де Франче́ско де Нери́ де Миниа́то де́ль Се́ра и Лодо́вико ди Леона́рдо ди Буонарро́ти Симо́ни (итал. Michelangelo di Francesci di Neri di Miniato del Sera i Lodovico di Leonardo di Buonarroti Simoni) 6 марта 1475 — 18 февраля 1564) — великий итальянский скульптор, живописец, архитектор, поэт, мыслитель. Один из величайших мастеров э...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 9Ko]
Michelangelo Buonarroti (Caprese, 6 de marzo de 1475 – Roma, 18 de febrero de 1564), conocido en español como Miguel Ángel, fue un arquitecto, escultor y pintor italiano renacentista, considerado uno de los más grandes artistas de la historia tanto por sus esculturas como por sus pinturas y obra arquitectónica. Desarrolló su labor artística a lo la...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 15Ko]
Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni (Caprese, 6 de Março de 1475 — Roma, 18 de Fevereiro de 1564), mais conhecido simplesmente como Miguel Ângelo (português europeu) ou Michelangelo (português brasileiro), foi um pintor, escultor, poeta e arquiteto italiano, considerado um dos maiores criadores da história da arte do ocidente. Ele desenvolve...
[Biography - Michelangelo Buonarroti - 15Ko]
-- -- -- -- -- -